トップ >> 保険のタイプについて

旅行の時保険加入する情報

保険は掛け捨てと貯蓄、どっち?

保険はには掛け捨て型と貯蓄型がありますが、どちらが良いのでしょうか。金利が高かったバブル期は後者が当たり前でしたが、現在の低金利時代は前者が主流となってきています。貯蓄型は、高い保険料を払ってすべてが返ってくるわけではありません。中途解約をした場合には、解約返戻金も少なくなってしまいます。大きなお金が必要となったなど、払い込みが出来なくなった場合にはこうした中途解約を余儀なくされ、損をしてしまいます。掛け金を押さえた掛け捨て型にして、浮いた掛け金の分を貯金を始めとした自分の使い道にあったものに回すことで、無理なく万が一の備えと貯金ができます。

終身型と掛け捨て型の選び方とは

あなたは、生命保険の選び方について満期金有りか掛け捨て型かどちらを考えていますか。まずは、死亡保障と貯蓄を兼ねる事ができる満期金有りのものですが、これは今現在加入されている方のみお薦めします。その理由としては今から加入するとなっても予定利率が大幅に悪くなっているからです。そこで今から加入するに当たりお薦めなのが掛け捨て型のものになります。この商品の魅力としては自由度と商品の安さがポイントです。また、利回りを考える煩わしさからも解放されることでしょう。あなたも、ぜひこの機会に一度保険商品について見なおしてみてはいかがでしょうか。